2011年2月26日土曜日

屋上庭園「Q-COURT」

新宿マルイの英国式屋上庭園。

やけに暖かかった金曜日、ポケデジの4モードを撮影してみた。


左上から時計回りに「ノーマルモード」「モノクローム」「ビビッド」「ノイズ」。

「ビビッド」が、(ノーマルとあまり変わらないけど)使いやすそうかな。



早く春になって、お花がいっぱい咲かないかな(写真撮るのに。うずうず)


新宿野村ビルB1F、Paul Bassettもくつろげた。

この中では「ノイズ」か、「モノクローム」がいいかな。



関係ないけど、あのマルイのトイレ(8階)は驚く。「植物~~!!」って感じで。あれは素敵。

2011年2月25日金曜日

「人生は冥土までの暇つぶし」

先々週、突然ハマって、ほとんど全部読んでしまった「乗り移り人生相談」。
その週末に三省堂本店でトーク会があったので、サインまで。

サイン会で頂いた文章は、最初の二文字が達筆すぎてやや不明ですが、たまには本気を出せ、と、いうことなのかと…(^_^)

人生相談というジャンルは人によって好き嫌いがあるだろうけど、たとえば好きなのは、
第四回「人生は冥土までの暇つぶし、だからこそ極上の暇つぶしが必要なんだ」。

これは、「人生なんて、どうせ暇つぶしだからさあ」、という意味じゃないんだよね。気になった人は読んでみてほしいけど。

それから、はちゃめちゃな天台宗僧侶、国会議員、作家の今東光(こんとうこう)氏の言葉もいい。

「人生は誰と出会えたか、その積み重ねでしかないんだよ」という言葉もよく聞いた。この人の言葉をもっと聞きたい。その考えをもっと深く知りたい。そう思える人とどれだけ出遭えるかが大事だと思うな。(第四回「人生は人生は冥土までの暇つぶし、だからこそ極上の暇つぶしが必要なんだ」

これも、異業種交流会で配った名刺の数を言っているわけじゃないよね。
ミもフタもない仕事の法則」でも、「単なる知り合いと人脈は全くの別物」と言われていたっけ。

「人生は誰と出会えたか、その積み重ねでしかないんだよ」というのは、私はこういう意味だと思う。広い意味で「この人とは縁があった(=有縁)」と言えるような、家族や、親友や、恋人や、仕事上の多くの人々との(相手が有名人にかぎらず)関係性こそが、あなたの人生そのもの。人生は、「いくらカネを稼いだか」だけじゃないよ。

今東光大僧正は「有縁(うえん)」ということをよくおっしゃっていた。会えなくなって後悔する相手というのは、偶然巡り合ったのではなく、縁あって巡り合ったものだ。だから、その関係は大切にしなければいけない。(第69回「酒を持って仲たがいした友の墓を訪ねなさい」

著者の島地勝彦氏は、柴田錬三郎、開高健など有名な作家に可愛がられ、えこひいきされ、ひと昔前の企業人としては申し分のない出世と成功を収めた人(現在70歳のダンディーなおじ様)。
だから、人によっては、そういう話を「自慢話だ」と受け取るかもしれない。私は気にしなかったけど、人生相談というジャンルを人に勧めるのは難しいもの。

『乗り移り人生相談』
http://www.nikkeibp.co.jp/article/column/20100520/92079/

しかし、これ、真面目な人生相談はしていない(笑)。マルタ島旅行のすばらしさを語りつづけて一週間終わったり……銀座のハナコの話が続いたり……でも、それもまた楽しい(*^^*)。
それに確かに「真摯な」言葉がありますからね。結構たくさん。

2011年2月24日木曜日

イメージセンサー

オリンパスのPENを買おうと思ってでかけたのに、
売れ残っていた激安PENTAX K-xを店員さんに熱心にすすめられ、
まあ安いからいいかと購入したとき言われたのが、
「イメージセンサー(CMOS)が違うから、画質がいいですよ」。

そのときは「イメージセンサー? なんじゃらほい」でしたが……。


デジタルカメラを構成する要素は大きく三つあるそうな。←受け売り
レンズ、撮像素子(イメージセンサー)、画像エンジンと呼ばれる処理部分。

イメージセンサーをカタログで調べると、こんな感じだった。
  • Panasonic DMC-07  1/2.5型=5.7×4.3mm  昔のコンデジ
  • Olympus PEN Lite E-PL2  17.3×13.0mm  フォーサーズ
  • Pentax K-x  23.6×15.8mm  APS-C
  • Nikon D700  36.0×23.9 mm  フルサイズ

下に行くほどサイズが大きく、画質が良くなっていく。

一番目は、四年以上前に買ったコンパクトデジカメ。暗いシーンは光が入らず全然撮れなかった。三番目が今回買ったもの。エントリークラスの一眼レフはこのAPS-Cというサイズが標準みたい。たとえばCANONのEOS Kiss X4, X5もAPS-C(22.3×14.9mm)。最後のは、いつか持てるといいなという憧れのカメラ。私がFlickrPHOTOHITOで「いいな~」と思う写真は大抵NikonのD何とかで撮られている。これがイメージセンサーのフルサイズで、35ミリフィルムと同じ大きさ(36×24mm)。フルサイズ以上はプロ用らしい。

【メモ】
撮像素子(イメージセンサー)は、フィルムに相当する部分で、この上に画素が並べられる。
同じ1000万画素でも、撮像素子が大きければ、画素1つあたりの受光面積は広くなる。
光が多ければ、より多くの色調や明暗の情報を受け取ることができる。つまり、画質を大きく左右する。

でも、オリンパスPENもミラーレスで小さいし、可愛いし、いいと思うけどね。

2011年2月23日水曜日

Bloggerで写真の枠線を消す

ひょっとしたら誰かの役に立つかもしれないので、メモ。

Bloggerの記事の写真は、ポラロイドみたいな枠がつくが、これいらなかったので、
「デザイン>HTMl編集」で変更した。

「シンプル」テンプレートの場合、こういう箇所の、
.post-body img, .post-body .tr-caption-container, .Profile img, .Image img,
.BlogList .item-thumbnail img {
  padding: $(image.border.small.size);

  background: $(image.background.color);
  border: 1px solid $(image.border.color);

  -moz-box-shadow: 1px 1px 5px rgba(0, 0, 0, .1);
  -webkit-box-shadow: 1px 1px 5px rgba(0, 0, 0, .1);
  box-shadow: 1px 1px 5px rgba(0, 0, 0, .1);
}
一番上の行の「.post-body img,」を取ってしまえば、とりあえず記事内の写真に枠がつかない。

こんな感じ♪

#CSSが分かる人はもっと改変&「シンプル」以外の場合は、Chromeの「要素検証」か何かで画像に適用されているCSSを調べて変更すればOK

ポケデジ

ずっと欲しかった、「ポケデジ」こと「SQ30m」、超ミニのトイカメラを購入。

公式サイトはこちら。
http://www.pokedigi.com/


液晶がないので、撮るのはコツがいります。

草津で撮ってみた写真はこんな感じ。
(すべてノーマルモード、画像補正なし)


一眼レフも、買ってよかった!と心から思ったけど、
これはまた全然違うカメラです。

どこでも持ち歩けるし、一眼レフを出せない場面でも、こっそり撮れる。

本当は、この味のある色合いで、動画が撮れるのが一番すごいと(個人的には)思っているのですが、まだアップできるような作品を撮れていない……。

ブログを移行しました

Yahoo!ブログの『水晶語り。』を移行しました。
http://blogs.yahoo.co.jp/rhonya76

その名のとおり、鉱物専用ブログでしたが、
最近は他の記事も入ってきてるので、タイトルはあまり関係なく。


あと、全然更新していなかった、源氏物語専用ブログも、
こちらに統一することにしました。

2011年2月21日月曜日

テスト


写真の幅は640pxまでOKか…。
この写真もポケデジ。