2011年4月26日火曜日

源氏物語の失われた巻

私の好きな映画の一つに、『時をかける少女』(細田守監督)があります。
これはアニメーションなんだけど、秀作なので、まだ見たことない人は、いつか見てほしい!

私は二度も観てしまいました(笑)。
細部まで美しい映像に、自分の高校時代を思い返して、じーんとすること間違いなしです。
チアキやコースケのようなカッコ不器用な男子は周りにはいなかったけどね(笑)。



時をかける少女 [Blu-ray]
時をかける少女 [Blu-ray]
角川エンタテインメント  ブルーレイも出た!!

この映画に、上野の国立博物館にある絵の話がチラッと出てくるんです。
何百年も前の戦乱の世で描かれた絵で、穏やかなお顔の観音様の掛け軸みたいなもの。

で、(あまり書くとネタバレになってしまうけど)登場人物の一人が、「この絵を確実に見ることができるのは今の時代だけだ」、と。

長い間行方不明だった後、発見され、修復され、今の時代だけ国立博物館の片隅にひっそりと掛けられている。時の権力者でなくても、誰でも閲覧することができる。しかし、この後の時代にまた失われてしまうらしい。

この台詞を聞いたとき、ああ、私も一度だけ過去に行けるなら、多分平安時代に行くだろうな。源氏物語の失われた巻、藤原定家が源氏物語の整理をしたときすでに失われていたという、「桐壺」の後に続く巻を読んでみたいなあ、と思ったのです。

まあ、国宝源氏物語絵巻の完全版をデジカメに収めるのと、どちらがいいか、悩むところではありますが! これって研究者も一度は夢見ることじゃない?(笑)

失われたと言われている、源氏物語の「かかやく日の宮」という巻は、大野晋『源氏物語』で大分前に知りました。本当にあったのかどうかは、もう永遠に分からないことだけど、この本に書かれていることは説得力があると思いました。その引用は次に。

2011年4月25日月曜日

J・キャンベルその3 結婚について

最近旦那さんが、「ずーっと昔から私と一緒にいた気がする」と言い出しました。

「ずっと? 私たちが初めて会ったのは5年前で、一緒に暮らし始めたのは1年前からだよ」と指摘しても、それはそうだけど、「○○(私のこと)がいなかった時間というものが自分にあったのか」と不思議に思うらしい。

男の人って、かわいいところがありますよね。

2011年4月21日木曜日

ペーパークラフトのミニミニメッセージカード


ちっさなエアメール封筒の中に、折りたたんだ紙が入ってる。インク瓶シールつき。ほんの一言しか書けないけど、かわいいかも。他に、ノート+鉛筆シール、ふつうの四角い封筒+封蝋シール、があります。

2011年4月19日火曜日

アイスプラント


葉や茎に、プチプチした食感の水泡がびっしりついた、風変わりな野菜。

以前レストランで出てきて、わが家で「何だろう?」と話していました。
近所のスーパーで探したけど、売ってなかった。

ところが先日の鳴沢の道の駅で見かけたのです。一パック210円。かすかな塩味がついていて、プチプチ、シャクシャクした食感が楽しい。

『野菜の便利帳』(高橋書店)によると、プチプチは「ブラッダーセル」と呼ばれる細胞で、ミネラル分が蓄えてあるらしい。メタボ対策に有効な成分が含まれているそうです。

まだ新しい野菜なので、「バラフ」「クリスタルリーフ」「プッチーナ」「ソルティーナ」など各産地で名前が違うようです。

2011年4月17日日曜日

ピンク色に染まる甲府盆地


土曜日、笛吹川フルーツ公園の近くで、車窓から。
甲府盆地がピンク色に染まっていて、「春だなあ」と感じました。

この日は早起きしたので、思い立って富士山を見に行くことにしたのでした。






とりあえず河口湖の近くに行って、鳴沢の「ゆらり」で温泉。

この道の駅には富士山博物館併設の「鉱石ミュージアム」(無料)が! 前からあったっけ?
でかーい水晶にべたべた触って癒されました。石はいいな~。

精進湖でもきれいな富士山が見えた。


さて、富士山をぐるっと一周するか、甲府で「ほったらかし温泉」に行くか。

「五合目は?」と軽い気持ちで言ったら、「気温0度くらい」といわれたのでやめた。(薄着だった)
よく考えたら雪があるくらいだから、相当寒いよね。


結局ほったらかし温泉に。

「こっちの湯」を選びました。
写真は撮れないけど、甲府盆地を一望できる露天風呂は解放感抜群~!
正面には富士山の白い頂きが。

いや~~~こんなにいいところとは思わなかった。早く来ればよかった。
ぬる湯が大人気で、みんなゆ~~~っくり入ってました。


「あっちの湯」の入り口。
ここからでも甲府盆地のピンク色が分かりますね。

帰りの中央道の渋滞が心配で、「あっちの湯」には入れなかった。

本当は、フルーツパーク富士屋ホテルに泊って、朝やけ、夕焼け、夜景を楽しみながら湯につかるのが王道と見た……。

「あっちの湯」か「こっちの湯」か決めるサイコロ。

また来ようっと!

2011年4月14日木曜日

桜とポケデジ


たくさん撮っても、これという写真はなかなかない……それがトイカメラ(笑)。

上はちょっとトリミングしてますが、マクロモードで花に近付けて撮りました。
逆光で花びらが透けるのもきれいに撮れる。


桜の色は白飛びしやすい。
上はノーマルだけど、ビビットにすると、もう少しピンクになる感じでした。


ノイズにすると、何が何だか!?


うーん、精進あるのみですなあ(o^-^o)

2011年4月13日水曜日

桜と建物

大したことないんですが、もう少し桜の写真をアップ。


駒込の六義園。
しだれ桜は散ってました。この染井吉野も少し葉が出ていますね。


同じく、駒込の旧古河庭園。
駒込は個人的に縁のある駅です。染井吉野の発祥の地でもあり、駅前にも沢山の桜がありますよね。


かろうじて残っていた、六義園のしだれ桜をアップで(笑)。



上野の神社です。青空!

うん、建物と撮るなら、やっぱり鎌倉とか行かなきゃだめだな(笑)。

桜と猫

文字どおり、上野公園の桜の枝の上に、でーんと居座る猫……。
周囲は人だかり。みんながカメラを向ける中、落ち着いてあたりを見回す。


他に駒込の旧古河庭園、六義園でも桜を撮りました(しだれ桜は完全に葉桜だったけど)。


にゃーん!

2011年4月7日木曜日

J・キャンベルその2 無上の喜びについて

『神話の力』から、「無上の喜び」についての箇所を集めてみます。

キャンベル: 無上の喜びを追求したことのない人間。世間的には成功を収めるかもしれないが、まあ考えてごらんなさい――なんという人生でしょう?

自分のやりたいことを一度もやれない人生に、いったいどんな値打ちがあるでしょう。私はいつも学生たちに言います。きみたちの体と心とが欲するところへ行きなさいって。これはと思ったら、そこにとどまって、だれの干渉も許すんじゃないってね。

モイヤーズ: 自分の幸福を追求すると、どうなるのでしょう。

2011年4月4日月曜日

台湾...すごい

4月1日に近所で撮った桜ですが、もう結構咲いている木がありますね。


ところで......台湾からの義捐金が100億円を超えたそうです。

親日ぶり証明…台湾の義援金100億円突破
http://www.sponichi.co.jp/society/news/2011/04/01/kiji/K20110401000545830.html

人口は日本の約1/5、物価は約1/3、サラリーマンの平均年収が約150万円という国なのに。


台北なら一人で行ったこともあるけど、みんな親切だったなあ。

2011年4月2日土曜日

J・キャンベルその1 メタファー(隠喩)について

就職活動で、「どうしてコンピューターに興味を持ったの?」と聞かれて、「コンピューターは人間の心のメタファーだからです」と答えたことがある(実話)。残念ながらその会社には受からなかった。

それはともかく、村上春樹『海辺のカフカ』には「メタファー」という言葉がよく出てくる。大島さんが引用するゲーテの言葉は、『ファウスト』の最後の段落にある。

「でも人間はなにかに自分を付着させて生きていくものだよ」と大島さんは言う。「そうしないわけにはいかないんだ。君だって知らず知らずそうしているはずだ。ゲーテが言っているように、世界の万物はメタファーだ」

(『海辺のカフカ』文庫版上巻p.222)
海辺のカフカ (上) (新潮文庫)

「メタファー(隠喩、暗喩)」は、『神話の力』ではとても重要な言葉なので、いくつか引用して整理してみようと思う。その前に、まず辞書を引くと、