2012年1月27日金曜日

ロルフィングの感想(第二回、第三回)

ロルフィングの感想の続きです。第一回はこちら。

私の場合、すぐに体の違いが分かる印象的な変化は、十回のセッションの前半に起こった。日記の記録は後半のほうが詳しいけど。

第ニ回目

今日のテーマは「足」。ロルフィングでは身体の下の部分から、つまり、足、骨盤、背骨……と順番に調整していくらしい。土台からしっかりつくっていくということね。

セッション中はやはり軽く触れられるだけだった。四角くて軽いブロックを足の裏に当て、両足の長さを揃えるように(イメージ的には。たぶん本当に揃えているわけではない)されたり、ひざを立てたり伸ばしたり、太ももの重さをお尻の一点に感じてじっとしていたりした。セッションが終わって部屋の中を何度か往復したとき、「あれ、足の裏がぴったり床についてるな」と思った。

しかし! 帰り道を歩き出したら、「わ~~~~何だこれ!?」と驚愕。
この日に限らず渋谷から歩いて通っていたが、往きとは足の感覚がまるで違った。靴を履いても足の裏がぴったり地面にくっついているのが分かるし、膝が感動的なほどスムーズに動く。靴がスニーカーだったのもよかった。いや~~~今までごく自然に歩いているつもりだったけど、

今のこれが“歩く”ということなら、今までのは一体何だったんだ!?
まったく同じ道のりなのに、“歩く”という体験が全然違うじゃないか!!

と興奮してずっと思っていた。たぶん、個人差があると思う。私の場合は、一時間くらいのセッションの前後で、こんなに驚いたのはこの回だけだった。

2012年1月12日木曜日

ロルフィングの感想(第一回目)

終わって1ヶ月以上経ってしまったけど、ロルフィングの感想を上げておきます。

全10回のセッションを受けたのは、2011年9月から11月の間。大体週に一回通って、丸三ヶ月かかりました。ロルフィングの日はなるべく日記を書くようにしていたので、そこから抜粋していきます。

結論から言うと、この先、一年後、二年後はどうなるか分からないけど、今はやってよかったと思っています。体は誰もが24時間365日使っている乗り物。それが痛みなく、心地よく動くというのは本当にすばらしいことです。

第一回目

九月のはじめに予約を入れる。

ロルフィングは10年程前から「一度は絶対やってみたい」と思っていた。大学生の頃、アルバイト先が新潮社の『SHINRA』という雑誌を取っていて、その中でロルフィングの記事を読んだのがきっかけ(追記:SHINRA 2000年4月 通号76号)。今、終わってみれば、もっと早くやってこの体の「心地よさ」を味わえばよかったと思うけど、これもまあタイミングだろう。それに仕事をしていない期間にゆっくりやりたいと思っていた。私は何ともなかったけど、途中で精神的に不安定になる人もまれにいるらしいので。

こっそり、2012年の目標

2012年になりました! ユーロ危機やら北朝鮮やら、世界は何だか不穏(^^)ですが、今年の目標は、「何事にも動じない」心を養うこと、かなと思っています。

あとは……「焦らず、気楽に、気長に、良く笑い、日常を心から楽しむ贅沢」を自分に味わわせてあげたいと思います。あれもしなきゃ、これもしなきゃと、ついつい、気ばかり焦ってしまうから気をつけます。