2013年11月29日金曜日

「和の美」を堪能、足立美術館

おととい行った、足立美術館が素晴らしく、なかなか印象が去りません。
(出雲大社も、もちろん良かったです!)

池袋ショーまで一週間を切りましたが、ちなみに、この美術館を創設した、実業家の足立翁の言葉。

「いやまったく名作との出会いは人と同じで、縁だね。絵を集めるのは金じゃない。値段じゃない。いいものが出たら目をつむって掴んでしまえということだ。まったくあの絵は惜しいことをした。いまだに夜中にパッと目が覚めては思い出し、眠れん時があるよ」

この「絵」を「石」に置き換えると、うなずけるものが……いや、毎回々々、目をつむって掴んでいたら、どうなることかですが(ガクブル)、でも、「あの石、やっぱり買っておけばよかったな」と思って、夜寝る前などにふっと思い出すことはありますね。それも縁なのでしょうが。

それでは、茶室(寿立庵)を中心に写真をアップします!


まずは、門へのアプローチ。
一眼レフを持って行かなかったことが悔やまれるのです。iPhone画質でこれなのに……。

2013年11月22日金曜日

『夢と狂気の王国』、ジブリに入り込んだみたい


スタジオジブリを撮影した、『夢と狂気の王国』 を観てきました。
『風立ちぬ』制作中のジブリを、『エンディングノート』の女性監督が撮ったもの。

以前、感想にも書いた、NHKの『仕事ハッケン伝』で、鈴木プロデューサーの「人と一緒に仕事をするということ」、あれが私の胸に刺さったので、「ジブリでの鈴木さんの仕事術が見たいな~」と、軽い気持ち出かけました。

ドキュメンタリーなので退屈かもと思っていたんですが、全然そんなことなかったです!
自分自身がスタジオジブリに入り込んだみたいで、見るものすべて目が釘づけ。

上の写真は、映画を観た六本木で。
同じ日に、ひとりミネ……ショー(咳払い)だったので、毛利庭園のベンチで戦利品を撮りました。
怖いほどに空の澄みきった、秋晴れの一日でした。

以下、『夢と狂気の王国』から、私が個人的に面白かった言葉をメモしておきます。
(全部記憶からの書き起こしなので間違い多々あります(>_<))

2013年11月19日火曜日

沖縄のパワースポット「御嶽(うたき)」


この間、ちらっと書きましたが、沖縄で車が運転できなくて行けなかった場所。

・読谷村(よみたんそん)の、やちむんの里
→ 大嶺實清先生のペルシャンブルーの器が買いたかった。
・久高島と、斎場御嶽(せーふぁうたき)
→ 沖縄最高の聖地! 神が降り立った島と、三角の(?)磐座。

しかし、首里城にも、「御嶽(うたき)」が沢山ありました。ので、写真を載せてみます。

その前に、タイトルは「パワースポット」と書いたんですが、パワースポットって何? と考えると、うーん、よく分かりません。個人的には、「雰囲気(気)のいい場所」くらいの漠然とした意味で使っています。

自然が美しいところ、高い山の上、よく手入されていて気持ちがいい神社、歴史的に聖地とされてきた場所、などですが、「アイディアがよく湧く、居心地のいいカフェ」なんかも、個人的にはパワースポットに入るかも……。

赤いイガイガ水晶 Red Quartz from Spain


最近、ブログに石の写真がないということで、お出かけ前に急いで撮りました。

Red Quartz  赤水晶(赤鉄鉱入り水晶)球状クラスター ←アメシストじゃないです!
Jantos de Compostela, Spain
約25mm * 18mm* 19mm

うわっ! Red Amethyst って書いてしまっていた……。修正しました。すみません(汗)

2013年11月15日金曜日

マナスル登頂回の感想


母と沖縄に行ってきました。
でも、その話は後にして、先にイッテQのマナスル登頂回の感想を書きます。

2013年11月6日水曜日

文学フリマに行ってみました

感想が遅くなりましたが、11月4日に東京流通センター駅で開催されていた、
第十七回文学フリマに初めて行ってみました。


会場の隣で別のイベントが開催されていて、何となく行列に入ってしまった私と晴海さん。
入場料を払う前にかろうじて気がついて脱出できました。(おかしいと思ったのよ! あんな若い女の子ばかりで) 文学フリマは入場無料です。

2013年11月3日日曜日

上高地の紅葉(終わりかけ)

今年、遠出して紅葉を見る機会は、これが最後かもしれません。



(何山か分かるかな? 答えはこの記事の最後に!

まだ一度も泊まったことがない上高地。
今回も夜行日帰りで、早朝5時20分くらいに上高地に着くと……暗い! 寒い!

2013年11月1日金曜日

ヒマラヤ水晶(マニカラン産)

某Kさんと某Sさんのブログでガネーシュ・ヒマール産の素敵な水晶を見て「いいな~」と思っていたら、さらに、アルテマノさんのブログで採れたての母岩つきヒマラヤ水晶の私物が紹介されていて「おおお」と……(笑)。




ありがたいことにショップのリンクも貼られていたので、数日間悩んでポチってしまいました。池袋まで我慢しようと思っていたんですが……まあ、まあ。

京都ショーに出店されていたお店でしょうか? Himalayan Natural Crystalさん。

ショップにさまざまな角度のいい写真があるので、自分の写真を上げるのはちょっと恥ずかしいのですが、一応、数枚上げておきます。(Bloggerの不具合が直ったので)

でも、写真より実物のほうがずっといいですー!