2014年2月23日日曜日

CWさん展示即売会☆

遅ればせながら、CWさん即売会レポです。初参加!
会場は下北沢のカフェということで、どういうシステムなのかな? と、
開場ぎりぎりにたどり着くと、シャッターの前に数人の列。
そして、見知った顔が。ホッとして思わず声をかけてしまいました~。

え~~今回はそのsayangさんに本当にお世話になりました。
お世話なりすぎじゃないかってくらい……(汗々) ありがとうございました!


入店すると、教わったとおり、こたつに陣取り(ずうずうしく相席)、ドリンクを注文。
それから石を見に立ちましたが、すでにかなりの人だかり!
(上の写真は、後で人垣がなくなってから撮影しました)

2014年2月18日火曜日

ナスカ産の白水晶

ペルー、ナスカ産の白水晶です。


Quartz
Nazca, Ica Department, Peru
25mm * 25mm

高尾山が、「どこの北アルプスですか?」となった、二回目の大雪。
高尾山公式サイトに、「アイゼン必携」と書かれていました。あわわ、実は、写真を撮りに行こうかなーとちょっと思ったんです。思い止まってよかったー。でも、写真を見ると、結構楽しそうですが……。

2014年2月15日土曜日

ホワイト・バレンタインでした

今朝はさっそく雪見チョコです。
昨日、ブログを更新しようと思って描き終わらなかった画像(フィルタ適用前)↓


Kindle本『2・14』は、ありがたいことに予想よりもDLいただき、ぶじ無料キャンペーン終了しました。
数字などは晴海さんのブログで♪
紙の本で千部刷って配ると、かなりお金がかかるでしょうから、電子書籍というのはすごいなあ、とあらためて思いました。既刊の『わ~くしょっぷ』が意外にDLされたのも嬉しかったです。m(_ _)m

ちなみに、『水晶柱』中では2014年2月14日の夜は晴れていることになっていますが、これはパラレルワールドってことでw ホワイト・バレンタインのほうが良かったなあ! 石の値段はきりいい数字にしたのですが、樋口さんでアルプス水晶(母岩つき、最初はスイス産という設定だった)とは……クオリティによほど難があったとしか思えません……。

にほんブログ村 コレクションブログ 鉱物・岩石・化石へ

2014年2月9日日曜日

ブルガリアン・アメシスト


ブルガリアの博物館での戦利品です。
関連記事はこちら→「ソフィアの国立自然史博物館」「ソフィアの博物館(続き)

2014年2月6日木曜日

「2.14」(アンソロジー短編集)発売&無料DL開始!

小説講座なかまで作ったKindle本がまた出ましたので、石の話を中断して宣伝します……。

2・14 [アンソロジー短編集] (わーくしょっぷ)

『バレンタイン』をテーマにした5つの掌編を収録。

楢野葉  「水晶柱」
晴海まどか「彼女のチョコと呪いの顛末」
笹原祥太郎「再生と失意のバレンタイン」
山田宗太朗「エーデルワイス(スノーフレッシュ)」
これこ  「君の冷たい手」

編集長・晴海さんのブログ記事はこちら。「「2・14 [アンソロジー短編集]」販売開始しました!」 確かに、ラブコメ少ないですねえ、私たち(笑)。

私は、「水晶柱」という短編を書かせていただきました。
ちなみに、
1.この短編は、2013年12月後半に書きました。
2.「水晶」という題名ですが、ごくライトな扱いです。
3.ミネラルショーの場面に出てくる店主さんやお客さんは、私が勝手に作りあげたもので、具体的なモデルとなる人物はありません(←ここ重要)

あと、表紙も描かせていただきました(ひゃー)。

まだまだまだ、精進が必要な筆力であることは分かっておりますが、現在から2/11(火)ごろまで、無料でダウンロードできますので、ご縁のある方はどうぞ!(^^)
追記)一緒に書いている山田さんが、Tumblrで各作品のレビューを書いてくれました!(褒めすぎ~)

ソフィアの自然史博物館(続き)

前の記事はこちらです。)
この自然史博物館は4階建てで、1階が鉱物と企画室、2階~4階が鳥類、哺乳類、それに、植物と昆虫の標本で埋めつくされていました。


建物は古くて、入り口の木の扉なんて、実に趣がありました。

ただ、解説は、当たり前ですがブルガリア語が主なので……。
まあ、時間がなくて、解説をじっくり読む暇もありませんでしたが。
この、古いノートが広げてあるテーブルは、何だったんだろう?(涙)

ソフィアの国立自然史博物館 National Museum Of Natural History, Sofia


例の「国立地球と人類博物館」は、どうせ行けないだろうと思って、きちんと場所を調べていませんでした。
ところが、ツアーでソフィアの中心部、中央市場からアレクサンダル・ネフスキー教会までぞろぞろと歩いて行く途中で、鉱物がありそうな博物館があるではないですか! 名前もそれっぽい感じ。

2014年2月3日月曜日

ルーマニアとブルガリアは雪だった

ルーマニア、ブルガリアに行ってきました。
その間日本では、水晶が埋め込まれた涅槃像が発見されたり、「STAP細胞」の新発見があったりしたそうで、すばらしいことです!

「涅槃像:国内最小、胸に水晶…作風は「快慶」似」(毎日ニュース)
「小保方さん、熱意違った…共同研究の若山教授」(よみうりニュース)
→ひぇー、この記事がこの後あんなことになるとは……。

旅行記は別のブログで書くつもりですが、Twitterでも上げた雪の画像を何枚か貼ります。



いやーどこ行っても雪だった。