2016年2月29日月曜日

甲府旅その2

去年の池袋ショーで買った、『甲信高地 水晶の世界』(くろねこ出版社)を読み始めたところ、昇仙峡、というか金峰山の周辺は、確かに日本の水晶の一大産地なんですね。
看板に大きいこと書いてあるだけのことはありました(甲府旅その1 参照)

八幡山、水晶峠、乙女、黒平など。

さらに、同書をよく読んだところ、以前、アメリカの業者さんから購入した、
山梨県上黒平の古い水晶 Quartz with inclusions from Japan
これは、向山鉱床ではないかな……? と思いました。

上黒平集落は裏山と前山が水晶の産出地になっており、裏山つまり北側に広がっている黒平・松木尾根はペグマタイト鉱床で、一般的には煙水晶が見られ、これに対して、南面に広がっている向山鉱床は、草入り水晶が有名で、白っぽいまたは透明な水晶を産出するようです(同書P.44-61)。

上述の水晶は、インクルージョン以外は透明度が高く、スモーキーではないので。

向山鉱床は御巣鷹山一帯に広がり、かつては三十もの立坑があり、一つ一つ名前もついているのですが、そこまでは特定できないでしょう。


それと、私たちは丹波山村から塩山のほうに車を走らせたのですが、このあたりの道筋からちょっと入ると、竹森鉱床裂石採石場という産地もあるんですね。

そういえば、「雲峰寺」(裂石の近く)という看板を見かけて、「今日は雲がまったくないから、雲の峰の寺にはたどり着けないね~」なんて話をしていた。

2016年2月28日日曜日

でべそ?目? Amethyst from Brandberg, Namibia

先週あたりから、浅草橋ショー、各バイヤーさんの即売会が始まっています。
しかし、予算と時間の関係から、すべてを回るのは難しく……。
戦利品は少しはあるのですが(といっても、ツーソン買い付け品だけではないですが)、
三月が全部終わってから、まとめて集合写真にしようかと思っています。

昔は、横浜ショーだけ行っていればよかったのに、大変になってきました。(笑)

今年は、少数精鋭で。

あれが欲しい、こういうのが欲しい、というのはありますが、タイミング良く出会えるかどうか分からないので、頭の片隅に置いておくくらいで。




昨年ホリさんのセールで手に入れたこちら。

Quartz var.Amethyst
Tafelkop Mt Goboboseb Mts., Brandberg, Erongo, Namibia

おなじみのブランドバーグ、ゴボボセブ産のアメシストです。

r 面に楕円形の飛び出した部分があるのが特徴。

2016年2月23日火曜日

甲府旅その1

二週間ほど前の旅行ですが、めちゃくちゃ天気が良かったので、写真がきれいで……。




いつもビューンと中央道を走って、談合坂と双葉で休憩して通り過ぎるのが甲府です。(ゴメン)

でも今回、寺社好きとしても、石好きとしても、なかなか良かった~。
フルーツパーク、昇仙峡、恵林寺、武田神社などに立ち寄りました。

2016年2月20日土曜日

シネマグラフ

もうちょっと挑戦してみます。うまく作ることができれば面白いですね。



動画を撮影さえすれば、Photoshopの作業はカンタンなのですが。
こちらのページを参考にしました。感謝!)
石と一緒のシチュエーションを考えるのが難しいです。

写真のほんの一部だけループして動いている、という状況。
全体が動きすぎだと、ファイルサイズが急に増えちゃいます。

あとすぐ考えつくのは、「水面(川、コーヒーカップなど)」、「何かが風に揺れている」、オパールか蛍石にチラチラ光を当てるのもいいかも。

最初の写真は、ネイティブアメリカンの「赤・黄・白・黒」のサークルをイメージしてみました♪

2016年2月10日水曜日

デコカを作りました


ミニ名刺というんでしょうか、人と会うとき用に、デコカを作ってみました。
このお値段で48枚、全部違う写真を印刷できるのが、すごいと思います。
切り離すとケースになる紙箱もかわいい!

全部違う写真にできるので、写真入りの石ラベルにしては……?
一瞬、考えましたが、文字面は一種類なので(そりゃそうだ)、考えただけで終わりました^^
手で書き込むならありだけど。

久しぶりにフォトブックも作りました。こちらのほうが満足度は高かったかな。

デコカは文字サイズを、間違って、すごく小さくしてしまったので残念です。
以下は、次回の注文のためのメモ↓

2016年2月2日火曜日

ヨーロッパの灰色カラス

(ショパンの銅像がある公園)

ヨーロッパに大体いる、灰色のカラス。日本のカラスより小さめで、雪の中をズボッ、ズボッ、と歩いている姿など、かわいいのでじっと見てしまいます。カラスだから賢そうだけど。

向こうではこれが普通の「カラス」で、日本に来ると「でかくて黒いカラスがいる~」となるんでしょうか。