2017年4月2日日曜日

ナミビアのアクアマリン


Aquamarine
spitzkoppe, Usakos Distorict,
Erongo Region, Namibia
23.7mm

二個目のアクアマリンです。
かすかに緑がかった水色。
アクアマリンといってもいろんな色合いがあるんですね。
一個目のベトナム産はもっと青っぽかったです。



2センチちょっとの小さな結晶ですが、先端の透明感はすばらしい。
この水色、心がすーっと穏やかになるような。

サムネイルサイズなので、ちょっと持ち歩いて、カフェで眺めたりもしています(^v^)
もちろんケースの中に緩衝材を入れて、です。


池袋ショーの最終日に見つけた掘り出し物。

その記事にも書きましたが、購入の決め手は、上から見たときの結晶ぐあいです。
六方向にきれいに角が落ちていて。
天然にカットされたみたいだなーと。
色がわりと濃かったのも好みです。

ノートの切れはしのラベルは、お兄さんがその場で書いて、ちぎって渡してくれました!w



うーん、アクアマリンのすがすがしさ、いいなぁ。
しばらくミネショで探してしまいそう。

それにまた、シンガポールで見た石の写真をみて「あれもよかったな~」と思っています。あの見ごたえのあり過ぎる大きさ。


そういえば、先月の横浜ショー。
初日に行きました。
コートを間違ってしまい、開場まで待っている間、すんごく寒かったです。
今年の春は寒すぎですよ!
自分の戦利品がないので……と思い、記事を書いていなかったのですが、お昼もご一緒させていただき(お店、あらかじめ調べておけばよかったですね、すみません!)、欲しい石も沢山ありました。海外の鉱物店情報も、ありがとうございました。

トパーズ on 煙水晶、ピンクトパーズ on 白水晶、春らしい色合いのリシア電気石、ウクライナ産の溶けヘリオドール、ブランドバーグの水入りでしゅっと細長いもの、淡い黄金色のルチルが入った水晶たち。などなど。

でも、結局、雑誌とこのミニミニしか買わず……
(くっきり赤いファントムが綺麗)


それというのも、私のゴーストが……

いいもの買うためにはお金をためないと? とささやく……


実写版『ゴースト・イン・ザ・シェル』、予告編を見ると若干不安ですが、楽しみです。最初から別物だと思えばきっと大丈夫、だよね。スカーレット・ヨハンソンのビジュアルは好みだし、バトーは優男っぽくなってる気がするけど、押井守の映画版でも素子には優しかったんだし、いいはずだー!

0 件のコメント:

コメントを投稿

コメントは管理者が確認した後に公開されます。
(このブログや投稿にそぐわないと思った場合は公開しておりません)